en

おうちの方のための手引き 英検® 4級編

『1日1枚! 英検®4級 問題プリント』補助教材

4級「親が知っておきたいキーワード!」

コンテンツ一覧

●まずは、英文の構造を確認しましょう。





☑英文は〈主語+動詞〉で始まるのが基本です。
☑上の「代名詞」や「形容詞」、「名詞」を「品詞」と言います。

4級では次の7つの品詞をしっかりと押さえましょう。


※「一般動詞」は語尾に (e)s や (e)d、ing がついたりしますが、何もつかないもとの形を「原形」と言います。「形容詞」や「副詞」は比較級・最上級になるとき語尾に -er/-est がつきますが、何もつかないもとの形を「原級」と言います。

<そのほかの重要な語>
冠 詞 ―― a、an、the の3つ
疑問詞 ―― what「何」や who「だれ」など
助動詞 ―― ・can「~できる」や must「~しなければならない」など
       ・do [does、did] や have [has]
Do you have a pet? や I didn’t play soccer. などの do [does、did] は助動詞で、
 do my homework などの「~をする」という意味の do は一般動詞です。



●以下は、本書『1日1枚!英検®4級問題プリント』の補足説明です。お子様と一緒に取り組む際に参考にしてください。



◇接続詞
Day 7で「接続詞」を扱っています。接続詞は5級でも出ますが、4級で初めて出る接続詞は使い方が異なります。




◇並べ替え問題
筆記3の並べかえ問題では日本文が与えられています。ただし、与えられた日本語を英語に直訳するのではなく、「与えられた日本文で大意をつかみ、英文は英語の語順で組み立てる」という意識で取り組みましょう。例として、Day 12のウラの②番を見てみましょう。



日本語の主語(雪が)と述語(降りました)からは、英語の主語(We)と動詞(had)がイメージしにくいですよね。英文を組み立てるときに重要な点は、以下の3つです。


4つの語句を見ていくと、hadという動詞があるので、これが動詞だとわかります。次にwe(私たちは)があるので、これが主語となりwe had が決まります。
そして動詞がhadなのでsnowが名詞と決まり、前にa lot of を入れて、a lot of snow のカタマリができます。よって、答えはWe had a lot of snowとなります。



皆さんの多くは、3級以降の受験も考えていることと思います。3級からは並べかえ問題の代わりにライティングテストがあります。4級のうちからしっかりと英文を作る練習を行いましょう!



英検®は、公益財団法人日本英語検定協会の登録商標です。このコンテンツは公益財団法人日本英語検定協会の承認や推奨、その他の検討を受けたものではありません。