イベント・その他情報

こちらのイベントは終了致しました
12月10日(土) / 九州日本語教育連絡協議会 2011年度12月研修会 「漢字・語彙教育のあり方を問い直す」
【概要】
2011年の九日連研修会のテーマは「漢字教育」です。「漢字教育」というと「漢字の覚えさせ方」と勘違いされる方がまだまだ多いようです。また、「漢字は読めればいい。書けなくてもいい」といった意見や、「非漢字圏の学習者には漢字教育は不要」あるいは「教えたくてもそこまで手が回らない」と意見も度々耳にします。今回はそのような従来の漢字・語彙教育に対するイメージを変え、問い直してみるきっかけとなる研修会にできたらと思います。

第一部のご講演には、漢字教育の第一人者である加納千恵子先生をお招きして、「漢字・語彙教育について考える」をテーマにお話いただきます。第二部では、「様々な場面での漢字・語彙教育のあり方とは?」というテーマで、漢字・語彙教育に関っていらっしゃる3人の先生をパネリストに、漢字・語彙教育について、さらに深く掘り下げていきたいと思います。

【内容】
第1部 講 演
「漢字・語彙教育について考える」
加納千恵子(筑波大学大学院人文社会科学研究科・留学生センター教授)

第2部 パネルセッション
様々な場面での漢字・語彙教育のあり方とは
進 行:小山 悟(九州大学留学生センター准教授)
パネリスト:加納千恵子(筑波大学大学院人文社会科学研究科・留学生センター教授)
「非漢字圏学習者に対する初級漢字・語彙教育」
清水百合(前九州大学留学生センター教授)
「中上級学習者に対する漢字・語彙教育」
郭 俊海(九州大学留学生センター准教授)
「漢字圏学習者に対する漢字・語彙教育」

【日時】
12月10日(土)13:00~17:00(受付開始:12:30)

【会場】
九州大学箱崎キャンパス 旧工学部本館10番教室
(最寄り駅:地下鉄箱崎線「箱崎九大前駅」)

【参加費】
1,000円(当日納入) *今回は、会員や学生の割引はありません。

【定員】
90人

【申込み】
不要。そのまま会場にお越しください。

【問合せ先】
九州大学留学生センター 小山 悟
e-mail: koyama@isc.kyushu-u.ac.jp

【主催】
九州日本語教育連絡協議会

【共催】
スリーエーネットワーク

【販売】
大谷書店