イベント・その他情報

こちらのイベントは終了致しました
2013年1月19日(土) / 地域で活動する日本語ボランティアのための研修会 in 新宿

【内容/スケジュール(予定)】

13:00 受付開始

13:30 研修会1 「授業を豊かにするために ~楽しく効果的な授業の広げ方」


鈴木英子((財)宮城県国際交流協会日本語講師、『はじめての授業キット』著者)

日本語を教えていると、自分の授業について悩んだり迷ったりすることも多く、授業の改善を目指して毎回が試行錯誤の繰り返しです。今回の研修会では、初級の教え方について、どのような教材をどう使用すると、より活性化した授業ができるのか、導入・練習・活動という流れを通して、具体的で役に立つアイデアをたくさん紹介します。日本語を教え始めたばかりの方だけでなく、学習者を飽きさせない工夫や楽しくて効果的な方法を模索している方にとっても、きっとヒントが見つかるはずです。

14:30 休憩

14:40 研修会2 「外国人児童への「かんじ」の教え方~『かんじ だいすき』を使って」


高石久美子(長野県上田市多文化推進協議会学習支援の会、『かんじだいすき』共著者)

『かんじ だいすき』(AJALT発行)(一)~(六)は、学年ごとの配当漢字を扱い、世界各国から来日する子どもたちのために、日本語教育の実践から効果的な学習方式を工夫しています。小学校で習う1,006字すべてに対応し、楽しみながら無理なく力をつけることのできる教材です。教科の重要語彙を扱った「国語・算数編」「社会・理科編」は学習支援に役立ちます。今回の研修会ではシリーズを使って、子どもたちを飽きさせない学び方のワークショップもまじえながらお話しいたします。

15:40 休憩

15:55 研修会3 「シャドーイングによる効果的な発音指導の方法」


大久保雅子(早稲田大学日本語教育研究センター、『シャドーイングで日本語発音レッスン』著者)

シャドーイングを授業に取り入れてみたいと考えていても、実際にはよくわからない。あるいはシャドーイングは知っているし、ときどき授業では使っている、でも実際にはただ繰り返させるだけという先生もいらっしゃるのではないでしょうか。
それではせっかくの授業がもったいない!シャドーイングにはどんな方法があるのか、どのように学生を指導すればいいのか、シャドーイングを授業に取り入れるノウハウをお伝えします。そして実際に大久保先生に本書を使った授業もしていただきますので、学習者の立場でシャドーイングの体験もできます。発音指導にシャドーイングがどのように活かせるのか、日々の発音指導のヒントが得られる講座です。

16:55 講演終了予定

* 講演終了後、17:00~18:00には日本語ボランティア同士の交流と情報交換会を予定しております。
* 当日、各研修の題材書籍や日本語教材の展示・販売を予定しております。会場限定での割り引きあり!
* 内容/スケジュールは変更の場合もございます。

【日 時】
2013年1月19日(土)13:30~16:55(13:00受付開始)
*講演終了後、17:00~18:00には日本語ボランティア同士の交流と情報交換会を予定しております。

【会 場】
新宿文化センター3階小ホール(新宿区新宿6-14-1)

【定 員】
200名(先着順。定員になり次第締め切ります)

【参加費】
無料

【申込み】
電話、ファクス、Eメール、郵送のいずれかで下記まで。
電話以外の場合は、「氏名、電話番号、グループで活動中の方はグループ名」を明記してください。
    公益財団法人新宿未来創造財団 文化交流課
    〒160-0022新宿区新宿6-14-1 新宿文化センター内
    TEL:03-3350-1141 FAX:03-3350-4839
    Eメール:bunka@regasu-shinjuku.or.jp
    ☆ 新宿文化センター休館日:毎月第2火曜日、年末年始(12月29日~1月3日)

【主 催】
公益財団法人新宿未来創造財団

【協 力】
アルク、スリーエーネットワーク、凡人社