general

その他関連情報

Web連載 漢字でよむ おくの細道 【連載終了】
Web連載 漢字でよむ おくの細道 【連載終了】

日本語は、漢字を音読み訓読み自在に使いこなすことによって、その表情が豊かになり美しくなった。 その典型的な作品は、松尾芭蕉の「おくのほそ道」である。 そして、「おくのほそ道」は、旅の文学でもある。 旅とは出逢いでもある。 人の一生も、旅そのものであろう。何と、どのように出逢いながら、その日々を過ごすものであろうか。

コンテンツ一覧