一般書

成り立ちで知る漢字シリーズ

『成り立ちで知る漢字シリーズ』について


漢字学の泰斗 故白川静氏の著された「字統」「字通」に準拠し、漢字の成り立ち・変遷を提示しながらその本来の意味するところを詳説したものです。非漢字圏の外国人、とくに外国人児童への漢字教育に参考になることでしょう。

『成り立ちで知る漢字のおもしろ世界』 漢字検索
『成り立ちで知る漢字のおもしろ世界』全7巻のうち、お探しの漢字がどの巻の何ページにあるかが検索できます。

Web連載 漢字でよむ おくの細道
日本語は、漢字を音読み訓読み自在に使いこなすことによって、その表情が豊かになり美しくなった。 その典型的な作品は、松尾芭蕉の「おくのほそ道」である。 そして、「おくのほそ道」は、旅の文学でもある。 旅とは出逢いでもある。 人の一生も、旅そのものであろう。何と、どのように出逢いながら、その日々を過ごすものであろうか。
0