teach

ja

おすすめ書籍

  • 新刊
    日本語教育叢書「つくる」聴解教材を作る
    関正昭・平高史也 編 宮城幸枝 著
    音声インプットを通した日本語教育や音声教育のあり方について考える手がかりとなる一冊です。
  • 新刊
    みんなの日本語中級Ⅱ 教え方の手引き
    スリーエーネットワーク 編著
    「中級から上級へ(中級後期)はハードルが高い」、「『中級Ⅱ 本冊』一冊で、読む・書く・話す・聞く、を総合的に指導するのは難しいのではないか」と、『中級Ⅱ 本冊』を使った教え方に不安や疑問を感じている方にお勧めの一冊。
  • 新しい日本語学入門 ことばのしくみを考える 第2版
    庵功雄 著
    日本語学や言語学の研究者を目指す大学生や大学院生、日本語のしくみについてさらに深く知りたいと考える教師の方におすすめの1冊です。
  • 会話の授業を楽しくする コミュニケーションのためのクラス活動40
    石黒圭 編著 安部達雄・新城直樹・有田佳代子・植松容子・渋谷実希・志村ゆかり・筒井千絵 著
    会話の授業を担当する日本語教師に向けて、学習者のコミュニケーション能力を伸ばすための口頭表現(会話)教育の活動を40紹介しています。
  • 初級を教える人のための 日本語文法ハンドブック
    松岡弘 監修  庵功雄・高梨信乃・中西久実子・山田敏弘 著
    日本語教師が初級を教えるのに必要な文法項目を網羅した文法解説書です。 初級で扱われる文法事項を広く取り上げて分類し、各項目ごとに3段階に分けて解説しています。
  • 中上級を教える人のための日本語文法ハンドブック
    白川博之 監修  庵功雄・高梨信乃・中西久実子・山田敏弘 著
    『初級を教える人のための 日本語文法ハンドブック』に続く、中上級の文法解説書です。中上級を教えるのにほしかった知識とその「種明かし」が詰まった1冊です。
  • 中級日本語文法と教え方のポイント
    市川保子 著
    『初級日本語文法と教え方のポイント』に続く「中級編」です。 文法項目の意味用法の説明に加え、特に中級で重要な、 その文法項目が「いつ使われるか」に重点を置いて作成されています。
  • 初級日本語文法と教え方のポイント
    市川保子 著
    わかりやすく、楽しく、教え方が見えてくる、現場に結びついた文法の教え方の本です。それぞれの項目について「いつ、どう使うのか」を学習者に示さなければならない日本語教師にとって大きな助けとなります。

お役立ち情報

  • その他関連情報
  • 補助教材コンテンツ無料ダウンロード
  • バナー
  • バナー
  • バナー
  • バナー