teach

amazon

多様化する言語習得環境とこれからの日本語教育

著者:
坂本正・小柳かおる・長友和彦・畑佐由紀子・村上京子・森山新 編
価格:
本体2,000円+税
判型:
A5判
頁数:
263頁
ISBN:
978-4-88319-463-6
立ち読み:
立ち読みはこちら


 日本語の習得とその習得環境の関係からこれまでの日本語習得研究の成果を分析、考察し、これからの日本語教育に向けて提言を行っています。
第1章では、教室習得環境での習得について、韓国、台湾、アメリカ、オーストラリアでの日本語教育事情および研究の分析と考察を行い、第2章では、自然習得環境での習得について、その実態の解明と教育的意義について述べています。第3章では、混合環境(教室習得環境+自然習得環境)における特徴や問題点を、主に、発音、文法、語用の面から述べ、教室指導のあり方を考察し、最終章では、インターネットを利用した日本語教育の実践例と、日本語習得研究の成果をどう日本語教育に生かしていくかという具体的な提言がなされています。
 日本語教育、日本語支援に携わる方々にぜひ読んでいただきたい一冊です。
補助教材コンテンツ
該当する情報はありません
その他関連情報
該当する情報はありません
関連書籍
該当する情報はありません