日本語教材

新日本語の中級シリーズ

『新日本語の中級シリーズ』について


技術研修生・一般成人を対象とした、『新日本語の基礎Ⅰ・Ⅱ』に続く、場面を中心とした中級会話教材です。初級で学習したことが、実際にはどのように使われているのか、「いつ、どこで、だれが、どんな心情で、なんのために」話しているのか、そのとき、どんな表現を選べるのかを学習し、運用に結びつけます。初級レベルから本格的な中級レベルへの滑らかな移行ができるように前半では初級文型の復習、後半では「話題」とそれに伴う語彙の拡大などを行います。
学習到達目標
初級の既習の知識を統合し、実社会で役立つ実践的会話能力を身につけ、日本人との豊かなコミュニケーションができるようになることを目指します。
詳細情報
・学習時間
100~150時間
・課数
20課