新完全マスター文法 日本語能力試験N1

日本語能力試験N1に合格するための「文法力」を養う問題集です。

本書は以下の3部からなっています。
・問題紹介 (文法問題の形式とその解法を概観)
・実力養成編 (3つの問題形式別に、言語知識とスキルを学習)
・模擬試験 (どのくらい力がついたかを確認)

 実力養成編では、「文の文法1」、「文の文法2」の問題で必要となる文法形式を、意味機能ごとに整理して学びます。また、「文章の文法」に対応した詳細な解説と豊富な練習問題を収録しています。
 文法の力をより確かなものにし、上級レベルの運用力を築くことができます。

目次

はじめに
本書をお使いになる方へ

問題紹介
Ⅰ 文の文法1(文法形式の判断)
Ⅱ 文の文法2(分の組み立て)
Ⅲ 文章の文法

実力養成編
第一部 文の文法1
Ⅰ ことがらを説明する☆
1課 時間関係
 1.~が早いか
 2.~や・~や否や
 3.~なり
 4.~そばから
 5.~てからというもの(は)
 6.~にあって

2課 範囲の始まり・限度
 1.~を皮切りに(して)・~を皮切りとして
 2.~に至るまで
 3.~を限りに
 4.~をもって
 5.~といったところだ

3課 限定・非限定・付加
 1.~をおいて
 2.~ならでは
 3.~にとどまらず
 4.~はおろか
 5.~もさることながら

4課 例示
 1.~なり…なり
 2.~であれ…であれ
   ~であろうと…であろうと
 3.~といい…といい
 4.~といわず…といわず

問題(1~4課)

5課 関連・無関係
 1.~いかんだ
 2.~いかんにかかわらず
   ~いかによらず・~いかんを問わず
 3.~をものともせず(に)
 4.~をよそに
 5.~ならいざしらず

6課 様子
 1.~んばかりだ
 2.~とばかり(に)
 3.~ともなく・~ともなしに
 4.~ながらに(して)
 5.~きらいがある

7課 付随行動
 1.~がてら
 2.~かたがた
 3.~かたわら

Ⅱ 主観を含めて説明する☆☆
8課 逆説
 1.~ところを
 2.~ものを
 3.~とはいえ
 4.~といえども
 5.~と思いきや

問題(1課~8課)

9課 条件
 1.~とあれば
 2.~たら最後・~たが最後
 3.~ようでは
 4.~なしに(は)・~なしでは・~なくして(は)
 5.~くらいなら

10課 逆説条件
 1.~(よ)うと(も)・~(よ)うが
 2.~(よ)うと~まいと・~(よ)うが~まい
 3.~であれ・~であろうと
 4.~たところで
 5.~ば~で・~なら~で・~たら~たで

11課 目的・手段
 1.~べく
 2.~んがため(に)
 3.~をっもて

12課 原因・理由
 1.~ばこそ
 2.~とあって
 3.~ではあるまいし
 4.~手前
 5.~ゆえ(に)

問題(1課~12課)

13課 可能・不可能・禁止
 1.~にかたくない
 2.~に~ない・~(よ)うにも~ない
 3.~て(は)いられない
 4.~べくもない
 5.~べからず・~べからざる
 6.~まじき

14課 話題・評価の基準
 1.~ときたら
 2.~ともなると・~ともなれば
 3.~ともあろう
 4.~たるもの(は)
 5.~なりに

15課 比較対照
 1.~にひきかえ
 2.~にもまして
 3.~ないまでも

16課 結末・最終の状態
 1.~に至って・~に至っても
 2.~に至っては
 3.~始末だ
 4.~っぱなっしだ

問題(1課~16課)

17課 強調
 1.~たりとも…ない
 2.~すら
 3.~だに
 4.~にして
 5.~あっての
 6.~からある・~からする・~からの

Ⅲ 主観を述べる☆☆☆
18課 主張・断定
 1.~までもない
 2.~までだ・~までのことだ
 3.~ばそれまでだ
 4.~には当たらない
 5.~でなくてなんだろう(か)

19課 評価・感想
 1.~に足る
 2.~に堪える/~に堪えない
 3.~といったらない
 4.~かぎりだ
 5.~極まる・~極まりない
 6.~とは

20課 心情・強制的思い
 1.~てやまない
 2.~に堪えない
 3.~ないではすまない・~ずにはすまない
 4.~ないではおかない・~ずにはおかない
 5.~を禁じ得ない
 6.~を余儀なくされる/~を余儀なくさせる

問題(1課~20課)

Ⅳ 文法形式の整理

A動詞の意味に着目―1
B動詞の意味に着目―2
C古い言葉を使った言い方
D「もの・こと・ところ」を使ったいいかた
E二つの言葉絵を組みにする言い方
F助詞・複合助詞
G文法的性質の整理

第2部 文の文法2
1課 文の組み立て―1
    決まった形
2課 文の組み立て―2
    名刺を説明する形式
3課 文の組み立て―3
    接続に注意

第3部 文章の文法
1課 時制
2課 条件を表す文
3課 視点を動かさない手段―1
    動詞の使い方
    自動詞・他動詞の使い分け
4課 視点を動かさない手段―2
    「~てくる・~ていく」の使い分け
5課 視点を動かさない手段―3
    受身・使役・使役受身の使い分け
6課 視点を動かさない手段―4
    「~てあげる・~てもらう・~てくれる」の使い分け
7課 指示表現「こ・そ・あ」の使い分け
8課 「は・が」の使い分け
9課 接続表現
10課 省略・繰り返し・言い換え
11課 文体の一貫性
12課 話の流れを考える

模擬試験
第1回
第2回

索引

別冊 解答

補助教材

本書には以下の補助教材があります。 ユーザー登録後ログインすることでより便利にご利用いただけるようになります。
上部メニューの「ユーザー登録」より、氏名・メールアドレス・お住まいの地域を登録してください。

  • 学習補助ツール
    動画
    • 登録不要
    • 無料
    動画:JLPT N1 文法 新完全マスター必須文法形式123【アプリ】の使い方
  • 学習補助ツール
    アプリ
    • 登録不要
    • 無料
    JLPT N1 文法 新完全マスター必須文法形式123

関連情報

新完全マスター文法 日本語能力試験N1

新完全マスター文法 日本語能力試験N1

オンライン書店

  • amazon
  • 楽天ブックス

日本語専門書店

  • 凡人社
  • 大谷書店
  • そうがくしゃ
  • 日本語ブックス

関連書籍