新完全マスター文法 日本語能力試験N2

日本語能力試験N2に合格するための「文法力」を養う問題集です。

本書は以下の3部からなっています。
・問題紹介(文法問題の形式とその解法を概観)
・実力養成編(3つの問題形式別に、言語知識とスキルを学習)
・模擬試験(どのくらい力がついたかを確認)

 実力養成編では、「文の文法1」、「文の文法2」の問題で必要となる211の文法形式を、意味機能ごとに整理して学びます。また、「文章の文法」に対応した詳細な解説と豊富な練習問題を収録しています。

目次

はじめに
本書をお使いになるかたへ

問題紹介
Ⅰ 文の文法1(文法形式の判断)
Ⅱ 文の文法2(文の組み立て)
Ⅲ 文章の文法

実力養成編
第1部 文の文法1
Ⅰ ことがらを説明する☆
1課 ~とき・~直後に
 1.~際(に)
 2.~に際して・~にあたって
 3.~たとたん(に)
 4.~(か)と思うと・~(か)と思ったら
 5.~か~ないかのうちに

2課 ~している(進行中)
 1.~最中だ
 2.~うちに
 3.~ばかりだ・~一方だ
 4.~(よ)うとしている
 5.~つつある
 6.~つつ

3課 ~後で
 1.~てはじめて
 2.~上(で)
 3.~次第
 4.~て以来・~てこのかた
 5.~てからでないと・~てからでなければ

4課 範囲の始まりと終わり・その間
 1.~をはじめ(として)
 2.~からして
 3.~にわたって
 4.~を通じて・~を通して
 5.~限り
 6.~だけ

5課 ~だけ
 1.~に限り
 2.~限り(は)
 3.~限りでは
 4.~に限って

問題(1~5課)

6課 ~だけでなく・それに加えて
 1.~に限らず
 2.~のみならず
 3.~ばかりか
 4.~はもとより
 5.~上(に)

7課 ~について・~を相手にして
 1.~に関して
 2.~をめぐって
 3.~にかけては
 4.~に対して
 5.~にこたえて

8課 ~を基準にして
 1.~をもとに(して)
 2.~に基づいて
 3.~に沿って
 4.~のもとで・~のもとに
 5.~向けだ

9課 ~に関連して・~に対応して
 1.~につれて・~にしたがって
 2.~に伴って・~とともに
 3.~次第だ
 4.~に応じて
 5.~につけて

10課 ~や~など
 1.~やら~やら
 2.~というか~というか
 3.~にしても~にしても・~にしろ~にしろ・~にせよ~にせよ
 4.~といった

問題(1課~10課)

Ⅱ 主観を含めて説明する☆☆
11課 ~に関係なく・無視して
 1.~を問わず
 2.~にかかわりなく・~にかかわらず
 3.~もかまわず
 4.~はともかく(として)
 5.~はさておき

12課 強く否定する・強く否定しない
 1.~わけがない
 2.~どころではない・~どころか
 3.~ものか
 4.~わけではない・~というわけではない
 5.~というものではない・~というものでもない

13課 ~(話題)は
 1.~とは
 2.~といえば
 3.~というと・~といえば・~といったら
 4.~(のこと)となると
 5.~といったら

14課 ~けれど
 1.~にもかかわらず
 2.~ものの・~とはいうものの
 3.~ながら(も)
 4.~つつ(も)
 5.~といっても
 6.~からといって

15課 もしそうなら・たとえそうでも
 1.~としたら・~とすれば・~とすると・~となったら・~となれば・~となると
 2.~ものなら
 3.~(よ)うものなら
 4.~ないことには
 5.~を抜きにしては
 6.~としても・~にしても・~にしろ・~にせよ

問題(1~15課)

16課 ~だから(理由)―1
 1.~によって
 2.~ものだから・~もので・~もの
 3.~おかげだ/~せいだ
 4.~あまり・あまりの~に
 5.~につき

17課 ~だから(理由)―2
 1.~ことだし
 2.~のことだから
 3.~だけに
 4.~ばかりに
 5.~からには・~以上(は)・上は

18課 ~できない・困難だ・~できる
 1.~がたい
 2.~わけにはいかない・~わけにもいかない
 3.~かねる
 4.~ようがない
 5.~どころではない
 6.~得る/~得ない

19課 ~を見て評価すると・~の立場で評価すると
 1.~わりに(は)
 2.~にしては
 3.~だけ(のことは)ある
 4.~として
 5.~にとって
 6.~にしたら~・~にすれば・~にしてみれば・~にしても

20課 結果はどうなったか
 1.~たところ
 2.~きり
 3.~あげく
 4.~末(に)
 5.~ところだった
 6.~ずじまいだ

Ⅲ 主観を述べる☆☆☆
22課 ~だろうと思う
 1.~とみえる
 2.~かねない
 3.~おそれがある
 4.~まい/~ではあるまいか
 5.~に違いない・~に相違ない
 6.~にきまっている

23課 感想を言う・主張する
 1.~ものだ
 2.~というものだ
 3.~にすぎない
 4.~にほかならない
 5.~に越したことはない
 6.~しかない・~よりほかない
 7.~べきだ/~べきではない

24課 提案する・意思を表す
 1.~(よ)ようではないか
 2.~ことだ
 3.~ものだ/~ものではない
 4.~ことはない
 5.~まい/~(よ)うか~まいか
 6.~ものか

25課 強くそう感じる・思いが強いられる
 1.~てしかたがない・~てしょうがない・~てたまらない
 2.~てならない
 3.~ないではいられない・~ずにはいられない 
 4.~ないわけに(は)いかない
 5.~ざるを得ない

26課 願う・感動する
 1.~たいものだ・~てほしいものだ
 2.~ものだ
 3.~ないもの(だろう)か
 4.~ものがある
 5.~ことだ
 6.~ことだろう・~ことか

問題(1課~26課)

Ⅳ 文法形式の整理
A 元の言葉に着目
B 「いう・する」を使った言い方
C 古い言葉を使った言い方
D 「もの・こと」を使った言い方
E「わけ・ところ」を使った言い方
F 二つの言葉を組みにする言い方
 助詞
G 文法的性質の整理

第2部 文の文法2
1課 文の組み立て―1
    決まった形
2課 文の組み立て―2
    名詞を説明する形式
3課 文の組み立て―3
    「~ない」がつく文法形式

第3部 文章の文法
1課 始めと終わりが正しく
   対応した文
2課 時制
3課 条件を表す文
4課 視点を動かさない手段―1
    動詞の使い方
    自動詞・他動詞の使い分け
5課 視点を動かさない手段―2
    「~てくる・~ていくの使い分け
6課 視点を動かさない手段―3
    受身・使役・使役受身の使い分け 
7課 視点を動かさない手段―4
    「~てあげる・~てもらう・てくれる」の使い分け
8課 指示表現「こ・そ・あ」の使い分け
9課「は・が」の使い分け
10課 接続表現
11課 省略・繰り返し・言い換え
12課 文体の一貫性

模擬試験
第1回
第2回

索引

別冊 解答

補助教材

本書には以下の補助教材があります。 ユーザー登録後ログインすることでより便利にご利用いただけるようになります。
上部メニューの「ユーザー登録」より、氏名・メールアドレス・お住まいの地域を登録してください。

  • 学習補助ツール
    動画
    • 登録不要
    • 無料
    動画:JLPT N2 文法 新完全マスター必須文法形式198【アプリ】の使い方
  • 学習補助ツール
    アプリ
    • 登録不要
    • 無料
    JLPT N2 文法 新完全マスター必須文法形式198

新完全マスター文法 日本語能力試験N2

新完全マスター文法 日本語能力試験N2

オンライン書店

  • amazon
  • 楽天ブックス

日本語専門書店

  • 凡人社
  • 大谷書店
  • そうがくしゃ
  • 日本語ブックス

関連書籍