日本語文法演習 敬語を中心とした対人関係の表現 ―待遇表現―

日本語文法演習シリーズは、上級レベルの日本語を適切に産出するために、文法をわかりやすく整理・説明し使い方の練習をするものです。本書で取り上げる敬語は、日本社会でのコミュニケーションにおいて重要な役割を担っているため、上級の日本語学習者からも適切な運用力を身につけたいというニーズが高い項目です。
 本書では、まず、待遇表現の中における位置づけと機能について考え、表現形式を整理した後、場面に応じた使い方を学びます。

レベル:中級後期から上級
類別:文法  使用時間目安:10~15時間
目標:上級レベルの日本語を適切に産出する。
構成:全3章…「待遇表現と敬語」「様々な表現と使い方」「待遇表現が用いられる場面」

目次

はじめに
この本を使う方へ

敬語を中心とした対人関係の表現―待遇表現―
ウォームアップ

Ⅰ. 待遇表現と敬語
1.待遇表現とは
2.敬語について
 (1)機能 
 (2)種類
 (3)使用の原則

Ⅱ 様々な表現と使い方
ウォームアップ
1.敬語表現
 (1)動詞の形と使い方
   ①(ら)れる
   ②お・ご~になる
   ③お・ご~する
   ④特別な形
   ⑤敬語化する部分
 (2)あらたっまた表現
  ★①丁重語
  ★②(さ)せていただく
  ★③ございます
   ④丁寧化できる従属語
   ⑤接辞
   ⑥人を表す表現
  ★⑦あらたまった形(動詞・形容詞以外)
2.授受表現
 (1)形と使い方
 (2)様々な用法
   ①人以外から受けた恩恵表現
   ②恩恵を表さない表現
  ★③「(ウチの者)に~てやってくれる」
3.丁寧体と普通体の使い分け
 (1)書き言葉の場合
   ①読み手の有無
  ★②丁寧体と普通体のまざった文
 (2)話し言葉の場合
   ①聞き手の有無
  ★②丁寧体と普通体のまざった文

Ⅲ 待遇表現が用いられる場面
ウォームアップ
1.依頼・誘いと承諾
 (1)依頼する
 (2)依頼を承諾する
 (3)依頼・誘いを断る
 (4)文句・苦情・不満を言う
2.助言・忠告
 (1)助言を求める
 (2)助言・忠告を与える
 (3)助言・忠告を理解する
3.主張・意見
 (1)賛成意見・反対意見を述べる
 (2)自分の意見を述べる
 (3)評価する
 (4)評価に対応する
4.許可・申し出
 (1)許可を求める
 (2)自分の行動を申し出る
5.感謝・おわび
 (1)感謝する
 (2)わびる

ちょっと一息
①敬語の間違い―日本人の場合と外国人の場合
②くだけた言い方と丁寧な言い方―教科書での扱い
③いろいろな「お・ご」
④「ませんです」を使う心理
⑤「〇お見せしておりますグラフ」―丁寧に言える修飾節
⑥「ご遠慮ください」

総合演習
参考文献

日本語文法演習 敬語を中心とした対人関係の表現 ―待遇表現―

日本語文法演習 敬語を中心とした対人関係の表現 ―待遇表現―

  • 著者:
    小川誉子美 , 前田直子
  • 価格: 1,430円(税込)

  • 判型: B5
  • 頁数: 102頁

    別冊: 23頁 (解答)

  • ISBN: 9784883192724

オンライン書店

  • amazon
  • 楽天ブックス

日本語専門書店

  • 凡人社
  • 大谷書店
  • そうがくしゃ
  • 日本語ブックス

関連書籍