日本語文法演習 ことがらの関係を表す表現 ―複文―

日本語文法演習シリーズは、上級レベルの日本語を適切に産出するために、文法をわかりやすく整理・説明し使い方の練習をするものです。本書では、条件、時間、理由、目的、引用、付帯、例示などの表現を類義表現とともに学びます。「こと」「の」「ところ」の機能や、「んですから」「んだったら」「がてら」「やら」などの話し言葉にあらわれる形式についても、ニュアンスの微妙な違いを理解し、適切に使えるようになることをめざします。

レベル:上級
類別:文法 使用時間目安:20~23時間
目標:上級レベルの日本語を適切に産出する。
構成:全5章…「順接条件」「逆説表現」「時の表現」「原因・理由」「その他」

目次

はじめに
この本を使う方へ

Ⅰ 順接条件
ウォームアップ
1.と・ば・たら・なら
 (1)と・ば・たら
 (2)なら

2.条件を表す複合形(発展)
 (1)仮定を表す複合形
   ①かぎり(では)
   ②ないことには~ない
   ③(よ)うものなら
   ④くらいなら
 (2)仮定・確定を表す複合形
   ①とすれば・とすると・としたら
3.総合練習

Ⅱ 逆接条件
ウォームアップ
1.ても・のに・が/けれど
2.逆接条件を表す複合形(発展)
 (1)「ても」類
   ①といっても
   ②にしても・としても
   ③(よ)うが・(よ)うと
   ④からといって(~は)
   ⑤たところで
   ⑥(よ)うにも
 (2)「のに」類
   ①くせに
 (3)「けど」類
   ①は/ならともかく(とにかく)
   ②ものの
   ③にしては
   ④わりに(は)
3.総合練習

Ⅲ 時の表現
ウォームアップ
1.とき(に)は
2.場合(に)は
3.時を表す表現(発展)
   ①をきっかけに(して)
   ②なり
   ③次第
   ④末に
4.総合練習

Ⅳ 原因・理由
ウォームアップ
1.基本的な形―から・ので・て・なくて・ため(に)―
 (1)から・ので
   ①用法の違い
   ②理由以外の「から・ので」
 (2)て・なくて
 (3)ため(に)
2.話し手の判断を含む形式
 (1)のだから・んですから
 (2)おかげで・せいで
 (3)からには・以上(は)
 (4)からこそ
 (5)ばかりに
 (6)あまり(に)
 (7)だけに・だけあって
 (8)がゆえに
 (9)し

Ⅴ その他
ウォームアップ
1.形式名詞と名詞化
 (1)「もの」と「こと」
   ①「もの」と「こと」
   ②名詞+のこと
   ③というのも・こと
 (2)名詞化
   ①名詞化とは
   ②「こと・の」と動詞
   ③~のは~だ
   ④~の~の
 (3)ところ
   ①「ところ」の意味
   ②ところに・ところを
2.て形・連用中止形・なく(て)・ないで・ずに
 (1)て形
 (2)連用中止形
 (3)なくて・ないで・ずに
3.目的
 (1)ため(に)・よう(に)
 (2)のに・に
4.引用
 (1)引用文
 (2)引用文と動詞
 (3)という
5.付帯状況・例示など
 (1)ながら・まま
 (2)がてら
 (3)と
 (4)なり
 (5)やら
6.総合練習

ちょっと一息
①「ても」のその他の用法
②「ば」の慣用表現:「ことわざ」
③「ば」「なら」の列挙用法
④複文のいいさし形
⑤条件形の副詞、接続詞用法
⑥「疲れていたからか」の「か」
⑦「X(辞書形)うえでY」
⑧「XはおろかY~」
⑨「とみえる」と「が見える」
⑩「XどころかY」
⑪「XことなくY」


総合演習
参考文献

日本語文法演習 ことがらの関係を表す表現 ―複文―

日本語文法演習 ことがらの関係を表す表現 ―複文―

  • 著者:
    小川誉子美 , 三枝令子
  • 価格: 1,430円(税込)

  • 判型: B5
  • 頁数: 106頁

    別冊: 22頁 (解答)

  • ISBN: 9784883193226

オンライン書店

  • amazon
  • 楽天ブックス

日本語専門書店

  • 凡人社
  • 大谷書店
  • そうがくしゃ
  • 日本語ブックス

関連書籍