新刊

日本語教師をめざす人のための スモールステップで学ぶ 文法

日本語教師を目指す方の「はじめの一歩」に

本シリーズは、日本語教員試験に出題される分野の中で特に重要な「文法」「音声(2024年7月上旬発売予定)」「教授法(2024年10月発売予定)」を取り上げ、試験対策に役立てるための教材です。

本書はシリーズの第1冊目、「文法」分野の教材です。「文法」では、品詞、学校文法との比較、文の構造、自動詞と他動詞、ヴォイス、アスペクト、テンス、モダリティ、複文、談話などを全10章で扱います。

各章のはじめには「実力診断クイズ」を収録。問題を解いてその章の知識がどの程度、身についているか確認できます。ポイントとなる文法項目1つにつき2ページの構成で、左のページの説明を読み、内容が理解できたかどうかを右のページで問題を解いて確認します。章の最後には「まとめ」と「実力診断テスト」があり、その章を振り返り、試験を模した問題で腕試しをすることができます。

別冊には品詞分類、述語の活用表など、はじめての学習にはもちろん振り返りにも役立つリストを用意しました。

「1日2ページ」のようにスモールステップで一歩ずつ無理なく着実に学習できる一冊です。

目次

はじめに
著者からのメッセージ
本テキストの使い方

第1章 品詞分類(学校文法)
◆実力診断クイズ
1.日本語の品詞
2.動詞(その1)
3.動詞(その2)
4.形容詞・形容動詞(その1)
5.形容詞・形容動詞(その2)
6.名詞(その1)
7.名詞(その2)
8.副詞
9.連体詞・接続詞・感動詞
10.助動詞(断定の助動詞)
11.助詞
12.品詞分類の注意点
◆第1章のまとめ
◆実力診断テスト
◆実力診断テスト 解答と解説

第2章 学校文法と日本語文法
◆実力診断クイズ
1.文の基本構造
2.日本語文法の用語
3.日本語教育の文法用語
4.述語の活用
◆第2章のまとめ
◆実力診断テスト
◆実力診断テスト 解答と解説

第3章 日本語文の構造
◆実力診断クイズ
1.述語と格助詞
2.文型
3.日本語文の構造
4.主題の提示
5.「~は」と「~が」
6.談話における「~は」と「~が」と、暗示的主題
7.主題と関連する表現
◆第3章のまとめ
◆実力診断テスト
◆実力診断テスト 解答と解説

第4章 自動詞と他動詞
◆実力診断クイズ
1.自動詞と他動詞の区別
2.自動詞と他動詞のペア
3.自動詞と他動詞の対応による分類
◆第4章のまとめ
◆実力診断テスト
◆実力診断テスト 解答と解説

第5章 ヴォイス
◆実力診断クイズ
1.受身文
2.受身文の周辺
3.使役文・使役受身文
4.可能構文・自発構文
5.授受表現
◆第5章のまとめ
◆実力診断テスト
◆実力診断テスト 解答と解説

第6章 アスペクト
◆実力診断クイズ
1.アスペクト
2.「~ている」
3.「~てある」
4.注意を要するアスペクトの表現
5.アスペクトの観点による動詞分類
◆第6章のまとめ
◆実力診断テスト
◆実力診断テスト 解答と解説

第7章 テンス
◆実力診断クイズ
1.ル形(現在・未来)とタ形(過去)
2.絶対テンスと恒常的表現
3.相対テンス
4.過去以外を表すタ形
◆第7章のまとめ
◆実力診断テスト
◆実力診断テスト 解答と解説

第8章 モダリティ
◆実力診断クイズ
1.モダリティ
2.対事的モダリティと対人的モダリティ
3.断定と意志のモダリティ
4.推量と可能性のモダリティ
5.確信と説明のモダリティ
6.当然・回想・詠嘆・勧めと必要のモダリティ
◆第8章のまとめ
◆実力診断テスト
◆実力診断テスト 解答と解説

第9章 複文
◆実力診断クイズ
1.複文の構造
2.名詞修飾節(構造による分類)
3.名詞修飾節(機能による分類)
4.補足節(その1)
5.補足節(その2)
6.副詞節(その1)
7.副詞節(その2)
8.並列節
9.複文の制約
◆第9章のまとめ
◆実力診断テスト
◆実力診断テスト 解答と解説

第10章 談話、肯否、縮約形、敬語
◆実力診断クイズ
1.談話
2.肯否(肯定と否定)
3.縮約形
4.敬語
◆第10章のまとめ
◆実力診断テスト
◆実力診断テスト 解答と解説

参考文献
索引

別冊 資料

関連情報

日本語教師をめざす人のための スモールステップで学ぶ 文法

新刊

日本語教師をめざす人のための スモールステップで学ぶ 文法

  • 著者:
    原沢伊都夫
  • 価格: 2,200円(税込)

    電子書籍: 価格は各電子書店にてご確認下さい。

  • 判型: B5
  • 頁数: 225頁

    別冊: 34頁 (資料)

  • ISBN: 9784883199273

オンライン書店

  • amazon
  • 楽天ブックス

日本語専門書店

  • 凡人社
  • 大谷書店
  • そうがくしゃ
  • 日本語ブックス

電子書籍

  • amazonkindle
  • 楽天kobo
  • ReaderStore
  • honto
  • BookLive

関連書籍