日本語文法演習 時間を表す表現 ―テンス・アスペクトー 改訂版

日本語文法演習シリーズは、上級レベルの日本語を適切に産出できるようにするために、文法をわかりやすく整理・説明し、使い方の練習をすることを目的としています。問題を解きながら、ルールを見出し、その後に確認練習をする、といった流れで学習し、最後にまとめとして総合的な練習を行います。

この『時間を表す表現-テンス・アスペクト』は、「~する、~した、~している、していた」といった形式を中心に扱います。上級学習者の文法学習にはもちろん、日本語を教える方にも文法知識の整理として使っていただけます。

初版を出したのは13年前ですが、その後、この分野に関するかなりの数の重要な研究が提出されています。そうした研究成果に、著者自身の教育実践で得られた知見を加えて、再構築したのが今回の改定版です。

目次

はじめに
この本を使う方へ

Ⅰ 「~すると「~した」
ウォームアップ
1.~する
2.~した
3.「~する」と「~した」
4.総合練習

Ⅱ 「~している」と「~していた」
ウォームアップ
1.動詞の分類
2.「~している」の基本的な用法(1)―進行中―
3.「~している」の基本的な用法(2)―結果残存―
4.「~している」の基本的な用法(3)―思考に関する動詞の場合―
5.「~している」の発展的な用法(1)―繰り返し―
6.「~している」の発展的な用法(2)―経験・記録―
7.「~している」の発展的な用法(3)―完了―
8.「~している」の発展的な用法(4)―反事実―
9.「~している」「~した」が形容詞的に使われる場合
10.総合練習

Ⅲ「~する」「~した」「~している」「~していた」と関連する形式
ウォームアップ
1.~してしまう
2.~し続ける
3.「~し始める」「~しかける」
4.「~し終わる」「~しきる」「~しつくす」
5.「~してある」「~しておく」
6.~しつつある
7.~したことがある
8.総合練習

ちょっと一息
①「まだ~していない」
②物語文の「~する」と「~した」
③動詞の可能形と「~している」
④「~している」と「~していた」(進行中)
⑤「~した」と「~していた」
⑥「~している」と「~していた」(結果残存)
⑦変化動詞と結果残存
⑧結果残存に似ているが、違うもの
⑨可能形+してしまう
⑩「~しだす」「~しやむ」
⑪「~したて」
⑫「ところ」のいろいろな意味

総合演習

参考文献

関連情報

日本語文法演習 時間を表す表現 ―テンス・アスペクトー 改訂版

日本語文法演習 時間を表す表現 ―テンス・アスペクトー 改訂版

  • 著者:
    庵功雄 , 清水佳子
  • 価格: 1,430円(税込)

  • 判型: B5
  • 頁数: 85頁

    別冊: 16頁 (解答)

  • ISBN: 9784883197262

オンライン書店

  • amazon
  • 楽天ブックス

日本語専門書店

  • 凡人社
  • 大谷書店
  • そうがくしゃ
  • 日本語ブックス

関連書籍