続・もしも…あなたが外国人に「日本語を教える」としたら

前作『もしも…あなたが外国人に「日本語を教える」としたら』に引き続き登場する「いきなり先生」3人に加え、今回は海外で日本語を教えることになった新たな「いきなり先生」が登場します。著者の経験をベースにしたそれぞれの「いきなり先生」の授業の実況中継を通して、外国人に「日本語を教える」際に直面するさまざまな問題を明らかにしていきます。特に今回は、教科書や教材・教具について具体的な例を挙げてわかりやすく解説しています。前作同様、肩ひじ張らずに読める内容になっています。

目次

まえがき

第一章 「いきなり先生」三人のその後
平野さんのその後
 一、教材群、到着
 講義の出前①教材教具論の基礎

 二、平野さん「せせらぎ」の授業風景①
 講義の出前②教授法をめぐる考察

 三、平野さん「せせらぎ」の授業風景②
 講義の出前③スムーズな流れを作るために

今井さんのその後
 四、教材群、構築
 講義の出前④教材の分析と評価

 五、今井さん「こもれび」の実況中継①
 講義の出前⑤知性を支える人間性

 六、今井さん「こもれび」の実況中継②
 講義の出前⑥より良い授業準備とは

河田さんのその後
 七、逃げた河田さん、戻る

第一章のまとめ

第二章 海外派遣のケーススタディ
 一、相馬さんの出発
 講義の出前⑦目的の日本語教育、手段の日本語教育

 二、相馬さん、初出勤
 講義の出前⑧外国の日本語教育とは

 三、相馬さん、初授業
 講義の出前⑨海外日本語教育への支援
 付録:クラスの中のことば(例)

 四、相馬さんのアシスタント生活
 講義の出前⑩学習者の誤用、教師の誤用

 五、相馬さんの単独授業
 講義の出前⑪日本語教育のオリジナリティとは

第二章のまとめ

第三章 日本語教育フェスタ(前編)
 一、イベント会議の乱入者(あの人)と顛末

 二、イベント実況~平野さんの提題~
 講義の出前⑫地域特産のオリジナル授業を目指して
 講義の出前⑬オリジナル授業の作り方

 三、イベント実況~今井さんの提題~
 講義の出前⑭「良い授業」再考
 講義の出前⑮文型の位置、単語の教え方

 四、イベント実況~河田さんの提題~
 講義の出前⑯誤用の訂正法
 講義の出前⑰ことばの価値付けをめぐって

第三章のまとめ

第四章 日本語教育フェスタ(後編)
 一、視聴覚教材論
 ・視聴覚教育の本質
 ・古典の再訪~経験の円錐~
 ・音声教材①分類と評価
 ・音声教材②録音メディアをめぐって
 ・視聴覚教材の基礎~見せるものと教える単語~
 ・絵教材の例と用い方
 ・写真教材の意義と用い方
 ・通信教育の教材
 ・CALLと日本語教育

 二、教材開発の理念と実践
 ・はじめに
 ・教材開発のニーズ
 ・誰に、どんなメディアで提供するか
 ・シラバスの決定
 ・テキストの執筆
 ・音声の録音へ
 ・教材の編集
 ・使用前評価
 ・学習者への使用~使用後の評価~
 ・著作権の諸問題
 ・教材使用者へのガイドライン

第四章のまとめ

あとがき

関連情報

続・もしも…あなたが外国人に「日本語を教える」としたら

続・もしも…あなたが外国人に「日本語を教える」としたら

  • 著者:
    荒川洋平
  • 価格: 1,200円+税

    電子書籍: 価格は各電子書店にてご確認下さい。

  • 判型: 四六
  • 頁数: 302頁
  • ISBN: 9784883194247

オンライン書店

  • amazon
  • 楽天ブックス

日本語専門書店

  • 凡人社
  • 大谷書店
  • そうがくしゃ
  • 日本語ブックス

電子書籍

  • amazonkindle
  • 楽天kobo
  • ReaderStore
  • honto
  • BookLive

関連書籍